Next Stage

次回 IQ5000本公演


2012年6月末
会場は・・・


2016年02月26日

エピローグ

160220_203414.jpgCaQy2zPUUAAq-sO.jpg無事に勢い発足ユニット、『瑠璃乃球』第一回公演、着物ゲルゲが、
東京は木星、群馬はビロンゴと無事に終える事が出来ました。
会場まで足を運んで頂いた皆様、本当にありがとうございました!!

着物ファッションショーも、まさかという人数のお客様で…(100位の席に対して何倍いたのやら?)

トップバッターだった私たちは大いに緊張しましたが、もちろん笑顔で乗り気ってきましたよ!
少なくとも笑いはしっかりとってきました!着物ショーなのに!謎の使命感。

びっくりしたのがビロンゴに次から次に届いたお花たち!すっごい立派な見上げるようなアレンジメントや、薔薇と百合が満載な両腕で抱えるような花束たちが、瑠璃乃球あてに次々にやってきたのでもうびっくり。
桐生市のみなさまからとだけ書いてあったり、どなたからか書いてないのもあって…直接お礼をしたかったのですが…
本当に嬉しかったです。
暖かいお心遣いありがとうございました!

なんの店舗オープンかってくらい綺麗な花に囲まれての公演になりました!
桐生タイムズさんも雨のなか取材に駆け付け、素敵な写真を記事と共に掲載してくれました。

そうそう、木星の時も退団を惜しんでお花を下さった応援隊の方も。
瑠璃全員の絵も書いてくださいましたね。
ここまでくると感動です。役者冥利に尽きるというか。

ああ、一方通行じゃなかったんだなあって今更ながら感じさせられました。

その心意気に、少しでも御返し出来たでしょうか?
楽しんで頂けたのなら、これ以上望むものはありません。

皆様、改めて本当にありがとうございました!!


このブログもIQの宣伝にやってみろよ〜と割りと強引に始めさせられたものではありましたが笑、
なかなか楽しくマイペースに綴ってこれました。

でもまあ、私も退団し、
腹筋善之介の作品としての着物ゲルゲも無事に終わりましたので、
ここで、このブログの役割は終わりです。

このブログはしばらく置いた後ひっそり消すか、気が向いたら跡地として残すかはまだ保留中ですが。

どのみちこれが最後という事で。エピローグみたいなもんですな。

とか言いながら、実は4月に第二段瑠璃が発動するんですけどね!
こちらはまた別のところで宣伝出来ればと思います。
さあさあ、長いお付き合いお疲れさまでした。

願わくはまた何処かでの再会を祈って。

五十嵐聡子
posted by 五十嵐聡子 at 19:31 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

ご挨拶

すでにIQ5000のメールマガジンを読まれた方はご存じかもしれませんが。

昨年の12月31日を持ちまして、私、五十嵐聡子はIQ5000を退団する運びになりました。


数々の想いはあれど、
まずはこの10数年を共に歩んでくれた劇団員やスタッフさん等IQ仲間たち、腹筋さん、そして、
いつもIQ5000の舞台に足を運んでくれたお客様に。

心から感謝とありがとうを。

個人的に色々悩みもしましたが、今はこの決断に後悔はしておりません。

陰ながらいつもいつも応援してくださってる、こっちが勝手に応援隊と呼んでる皆さま方、
貴方がた無くしては、絶対に今のIQはなかったと思うのです。

どうか今後も、
何卒IQ5000をずっと支えていってやって下さい。
勝手ではございますが、
これがIQ5000の食い物女優、五十嵐聡子としての最後のお願いです。

さて、
こんな挨拶をしておいてなんですが。
この度IQ女子のみで
『瑠璃乃球』というIQとはまた別の、着物女子ユニットを新たに作った事はもうご存知かと思います。

私が辞める事を劇団員に打ち明けたその日に、
このユニットの話をひろこからされ、入る事が知らないうちに決定してたという超展開。
作、演出も腹筋さんですし。

今日も普通に腹筋さんやIQメンバーと稽古をして、音響のるーちゃんがいて、私はなんかまた大量に食べてる芝居をしているという、
なんか退団した感がまるでない感じなのですが、
まあ、誰も私も寂しくないので。
まあ、これはこれでいいかとも思っております。


また、退団はしましても、役者を全て辞めてしまったわけではないので、
またいつかその時が来ましたら(すぐ来月ですが…)、ぜひ宜しくお願い致します。

誠にしまらない感じでアレですが、
以上を持ちまして私からの挨拶とさせていただきます。

それでは皆さま方!
またお会い致しましょう!
posted by 五十嵐聡子 at 19:17 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | IQ5000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

師走にて

151218_180406.jpg冬の最中にちょっと一息。

母とお茶しに行きました。

エディアールの紅茶とパンケーキ。
塩キャラメルソースが美味しいのです。
さっぱりしたフォーフルーツティーがとても合います。オススメですよ♪

今年もそろそろ終わりですねえ。

今月休みなく木星は稼働中ですが、あとちょっと頑張ったら…

毎年恒例の草津!温泉が待ってるんですよ!!
あーもう今すぐに!今すぐに行きたい。
あの酸性のお湯に全てを浸したい!
硫黄が私を呼んでるぜえ。
温泉たっぷり楽しんだ後は、ワイン飲みながらカニ食べ放題やってやるぜ!!

来週が待ち遠しいです。
といいながら今日も明日も3ステです。頑張ろう!!

千客万来。ありがとうございます。
posted by 五十嵐聡子 at 19:16 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

久々に前後不覚

151212_161319.jpgIQ常連さんの佳乃のパパさんが今年オープンしたお店でクリスマスパーティーでした〜

タクヤをエスコートに連れていったのですが。

まあ、あれよあれよという間に酔っぱらいに。

だって次々に珍しい日本酒が出てくるんですよ!
しかも全部美味しい!パパさんがお手製のおつまみも全部美味しい!

飲むしかないでしょ!

日本酒はヤバイの意味を初めて理解しました…

ヤバイ。マジで。視界がブレるなんて酔い方は初めてだ。こんなんなるのか。
生まれて初めてリバースするかと思ったよ。危ねえ、危ねえ。
一応女優なんでね!そんな姿は死んでも見せられませんわ!!

気が付いたら、タクヤに水をもたされて京浜東北線の電車の中にいました。
なにこれイリュージョン?

そのまま、なすすべなく、終点までボーっとしてました。

私と同じ位は飲んでた筈のタクヤ!
これから改めて飲み会だそうで。お前の肝臓どうなってるんだ!!年上なのに!

一人で行ってたら帰れなかったな〜恐るべき魔窟ですよ横浜基地!

タクヤがいて良かった!!
あいつ朦朧としてる私を京浜東北に置いていったけど!

ちなみに、クリスマスプレゼント交換はよく漫画で見るアヒルのオモチャでした〜お風呂に登場するやつね。

早速、帰ったら酔いざましをかねて活躍してもらおう。
posted by 五十嵐聡子 at 21:47 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

ワンパァァアアンチ!!

1400644207_main_l.jpgae8b57d37b9329fd9906edf9dd49a551a20b.jpg今秋アニメで大人気のキャラクターの彼がうちの劇団のリッキーに見えてしょうがありません。

ちなみに、写真の格好いい方は主人公を120%カッコ良くしたヴァージョンで、死んだ目の方が通常の彼です。

平熱系ヒーローという触れ込みで、初っぱなから誰よりも強すぎるという異色の主人公。

強すぎて、ほとんどの敵がワンパンでふっとぶというゲームバランス崩れまくりのギャグ漫画です。

いえ、本当はシリアスな展開になるはずなのに、主人公が強すぎて悉くギャグになるんです。

他のキャラクターとの書き込みの差が激しすぎてコラに見えるシーンも。
彼だけ基本的に一筆書で描かれてます。
面白いですよ。

その主人公サイタマが!

あのゆる〜い雰囲気や立ち方までリッキーにそっくりだと常々思ってたんですが。
アニメが始まって見てみたら、声までが彼に似てるという…衝撃でしたね。

ちょっと高めのトーンで軽くて空気が抜ける感じまでそっくりです。よくここまでリッキーに似せてきたよアニメスタッフ!

あれ、これ…実写化狙えるんじゃね?

おかげで最近は、
稽古場で会うと、隣に立つリッキーを見てるというより、もはやサイタマを見てる気分になってきました。
日常で漫画の主人公が目の前にいるシチュエーション。ドキドキしませんか?

いえ、私が作中で好きなのはジェノスでありソニックなのですが、その非日常性にときめく日々。
重症です。

でもそれは正面から見たリッキー限定。

後ろから見ると…現実に戻ります。
髪型がねえ〜
リッキーまだ残ってますから。
弁髪スタイルやめて剃ってみないか…?
と真剣にせまると苦笑いされ逃げられました。

携帯で何やら可愛い子供の写真を見せてくれようとするので、「いいからお前は白菜でも撮って待ち受けにしてろ!!」と激しく一喝。
もしくはサボテンでもいいよ。


今度白いマントと赤いゴム手袋プレゼントしてみようかしら。

もちろんその時にはバリカンも添えて。
posted by 五十嵐聡子 at 02:27 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

本番の裏側時間

151121_182917.jpg木星は今週も公演です。

本番中は防音扉を閉めていても、万が一中に音が聞こえたら駄目なので、カウンター側では洗い物や電話対応等音の出る作業は極力やりません。

そうすると、本番中はこちらは割りと暇な時間が多いのです。

なので、メールチェックしつつお茶の時間になることもしばしば。

なんかね、有意義に使えたらいいんですけど。

もし何かあった時の対処のために待機してる状態なので、予定を入れるわけにいかず、結果お茶の時間に。

幸か不幸か木星劇場までの駅通路にはですね、
マンスリー単位で変わるお菓子の出店がありまして。
その日のお茶うけに困る事などないのですよ。

今日は、京都のパティスリーが出店してる和洋菓子で、林檎を丸ごと一個使ったパイを。季節ですなあ。

今年も既に11月後半なんて、正に光陰矢の如し。

ちなみに、明日は2ステの合間に芸術劇場でやってる母校の展覧会に顔出してくる予定です。

楽しみ♪
posted by 五十嵐聡子 at 21:55 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

ミッドナイトに麺を求めて

151031_225148.jpgバカよね〜でもやっちゃうの。
たまにこういう事やるのよ。なんだろうね、後先を考えてないというか。
ささやくのよ。

私の中のゴースト的な何かが…

今日ハロウィンだし。

仕事終わりに久しぶりに中本行こうという話になり。
今日まで大宮店では『北極の超』なるものが期間限定でやってる事を知り…

やっちまいましたぁああ!
前にヒヤミに手を出して華麗に自爆したのに、なんで懲りないの!

北極の、
超だぜ!?

スプラッタっぽい色なので、ある意味本日にふさわしい一品かと。

北極自体はとてもシンプルなラーメンなので、こんだけ具が一杯で贅沢な感じについ惹かれてしまったんです。

なんか色々入ってる分、北極より食べやすいとか、北極に激辛麻婆豆腐乗せてるからずっと辛いとか。

調べても意見が定まらないという不思議な代物。

辛いよ!!

ああ辛かったさ!!

でもそんなマニアックな物頼んだくせに敢えなく敗退では許されないのですよ。私としての何かが。

食べました。全部。
これ、辛いだけで美味しくないとかじゃ全然ないからね。
むしろ美味しいのよ。死の気配を感じはするけども。

さすがにスープは勘弁して下さい。スープって感じの粘度じゃないし。唐辛子の…ペーストだよね…

ご馳走さまでした。

私はこれで、通常の平和な五目蒙古に戻ります。

北極の超よ、ありがとう。そして、さようなら。
posted by 五十嵐聡子 at 23:49 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

ミステリーとオカルトとの再会

最近本ばかり次々と買って読んでます。読者の秋ですね。

もともと、子供の時からとにかく本が好きで読みまくってたのですが。小学校当時は文庫じゃなくてハードカバーの児童書でした。

児童書ってなんか不思議な内容多い気がします。
不条理だったり、オチが無かったり。

今だったら総突っ込みしそうなお話でも、当時はそんなもんか〜って素直に読んでましたね。懐かしい。

その中でも強烈な内容で、未だに忘れられない一冊があります。

おそらく学校の図書館でその場で読んだだけなのですが。割りと細かい内容まで言えます。
あらすじはこんな感じでした。

主人公は小学生の男の子。退屈な日常で、唯一気になってるのは最近何度となく見る夢のこと。
必ず同じ女の子(超美少女)が出てきて自分を呼んでる。
やっと見つけて捕まえる前に目が覚めちゃう。

しかしそんな雨のある日!現実にはいないと思ってた例の夢の女の子が学習塾に入って行くのを見ちゃうのです。しかもやっぱり可愛い!そしてミステリアス!主人公一目惚れ。

なんとかしてお近づきになりたくてその学習塾に自分も入る事を決意するのですが…?

さあ〜なんかもうラブストーリー始まるプロローグでしたよ。
小学生の私でも甘酸っぱい展開後のハッピーエンドを想像しましたよ。ええ。

しかし!これはそんなラノベじゃない!児童書なんです!!

びっくりする展開が待っておりました!

まず、その可愛いヒロイン、女の子じゃないです。男の子でした〜
男子トイレで崩れ落ちる主人公(笑)

しかもかなり性格が悪いわ、口も悪いわ、主人公を良いように翻弄してきます。小悪魔気質なお友達ができました。

そしてやはりその男の子も主人公と同じ夢を見る事が判明。二人は夢で繋がってます。もっぱら話す内容は夢の話。どこか解らない星の話。

少しずつ仲良くなっても男の子の事はほとんど判りません。

成績優秀でゲームの腕も凄くて、両親はいつもいなくて、ひねくれてるのに本当はどこか寂しそうで…ミステリアスな所は最初に感じた時と変わらず。

そんな彼をもどかしく思う主人公。ささいな喧嘩とかしちゃいます。

おお、友情だ!なんか最初の恋愛フラグはぶち折られたけど、これはこれでまあ面白いじゃないですか。友情いいよね友情。

しかしこれはジャンプじゃなく児童書なんです。

話は急激にオカルトになり、最後はその美人なお友達がUFOに半ば自主的に拐われるという唐突すぎる展開に!
そしてまた日常が始まり…

ええ〜これで終わり!?
主人公助けに行くとかじゃなくて!?
そんな…何を暗喩してるんだよ児童書!それでいいのか児童書!

小学生ながらかなりの読後感でした。やるせないわ!もやっとする。

そんな本でしたが、未だに忘れられなくて。

タイトルが思い出せないので残念ですが、表紙は覚えてるので古本屋に行くと今でも探します。
絶版になってるだろうな〜
もしこれが最初のラノベもどきの恋愛ものだったらこんなに記憶には残ってなかったんだろうな。
もう25年以上前の本ですよ。

とか思ってたら…

近年になって!
その本の続編が新たに出たらしく!
UFOに拐われたはずの美人の男の子が表紙になっておりました!
前回作と同じ挿し絵イラストの方じゃなければ気付けなかったですよ!!

2004年に出版されてました!!ええ?そんな後になって続編を?一体何人が話を追えるのか!

絵の感じは最近ぽく綺麗な感じですが間違いなく彼です!!
良かったわ〜生きてたんだ〜あのラスト自殺の暗喩かとすら思ってたぜ。本当に良かった!
うっかり泣きそうになる私。

前のはやはり絶版になってましたが、今回のは早速買って読みます!
ああ、もう今から胸がドキドキするぜ!急に小学生に戻ったような感覚です。

こんな事があるから人生はまだまだ捨てたもんじゃないですね。
posted by 五十嵐聡子 at 09:46 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

眠くて眠くて

150810_145544.jpg厳しい暑さが大分和らいだからでしょうか?

今まで暑さでやられてた分を取り返すように眠いです。

いや〜今年の夏は暑かったですねえ。
いやいや、今週だって31℃〜33℃予報ですから、まだ十分に暑いんですが。
ここ数日は雨なので、久々にホッと息がつける心地です。

ちなみに写メは家の集合ポストの横で、道を塞いでた猫。雨宿りかな?

あまりにも偉そうな態度なので、『板長』と名付けました(笑)


今年は埼玉の母の調子が悪く、山形の田舎に行かなかったのですが。

お盆の時期になると、じいちゃんとばあちゃん思い出しますね。
そのせいでしょうか。

ここのところ毎日、『味噌焼きおにぎり』を作って食べてます。

知らない方意外にも多いんですが、山形ではかなりポピュラーな一品。
あっちじゃスーパーにも普通にありますよ。

ただ、白いご飯を丸く握ってまんべんなく味噌つけて、オーブンでカリカリに焼いただけ。超旨いです!

よく母方のじいちゃんが私が喜ぶので作ってくれました。
和食洋食どちらも好きで、器用に手の込んだ料理を色々作ってくれる人でした。
子供の時にクリスマスに行くとターキーの丸ごとあぶり焼きとか、当時珍しいものを色々食べさせてくれたものです。

それでも一番私が好きだったのがやっぱり味噌焼きおにぎり。

何の気なしに食べてましたが、自分が作るとなると、なかなかどうして上手くいきません。

作り方は簡単なんですが、味噌な上に丸く球状に握ってるため、上の方だけ焦げやすいわ、網にくっつきやすいわ…最悪ボロボロになります。

まんべんなくカリカリにどうやってやってたんでしょうね、じいちゃんは。

生きてたら秘訣を聞いてみたいもんです。

そんな他愛もない事を思いながら、何故か今日も作っています。

うーーん、今日は60点といったところでしょうか。
posted by 五十嵐聡子 at 15:39 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

天上天下繋ぐ花火かな

6915.jpg我らは夏よ

仕事の合間に音楽を聞いてるのですが。

最近椎名林檎が出した、『長く短い祭』が私的に大ヒット。PVの完成度の高さはかなりのものです。
この不快指数の高い今年の夏の湿度さえも表現しています。

「コカ・コーラ」2015年サマーキャンペーンCMソングにもなってるので聞いた事ある方も多いんじゃないでしょうか。

まあ、PVの内容自体は、三行くらいで説明出来るくらい簡単なんですが。
文字にするとあまりにも陳腐な話なのでしません。

特殊な映像効果も全く使ってないので、ほとんどセンスだけで勝負してます。

これが凄い。情念と狂気と切なさが、そしてこれが凄い所なんですがそれらがいっそ爽やかに伝わってくる。

シンプルな映像ですが、拘りが各所から伝わってきます。あの冒頭で手を洗ってる一瞬のシーン、手を洗ってるだけなのに伝わってくる狂気と盲執。それと完全にマッチしてる音楽と歌詞。

演劇だったら間違いなくアングラに属するんじゃないでしょうか。

IQではそんなドロドロやらないんですが、私が唯一そんな狂気を求められたのがアセンドの『標高』
ちょうどそのシーンの写真が出てきたので貼ってみました。懐かしいわ〜


ところで、よくアングラは足し算の美学だと思われがちですが、(衣装や化粧が派手だったり舞台セットがカオスだったり、演出がなんか色々舞ってたり転げ回ってたり等々)
私は引き算の美学だと思っています。(脱いだりとかじゃないですよ)

全部語らない所がいいんです。穴あきの詩集のように分からないから面白いのであり、どうとでも深読みできるのが粋なんです。

エログロのバックボーンの醜さを如何に美しく昇華出来るかにかかってるわけで。

それからすると、今回ブログのタイトルにあげてる歌詞は歌い出しでありながら、この歌の全てです。

光と陰。 醜と美。恋情と殺意。生と死。

なんで人の気持ち一つ、
いえ、ならば自分の気持ち一つ、思うようにならないのでしょうねぇ。

その天上天下の狭間で
ついには一心不乱に踊り出す女性が。

私には、

哀れでもあり、また羨ましくもあります。
posted by 五十嵐聡子 at 01:36 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | 夜話茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。